薬の怖さを知る

諸々の薬が無くなって1週間程が過ぎる。

最初は『風邪かなぁ…?』程度にしか考えてなかった。

怠くて動きたくない。

ボーッとする。

吐き気がする。

お腹は空くが食べれない。

食べた後は決まってお腹をこわす。

頭痛が絶えない。

物との距離感が掴めない。

常に乗り物酔いみたいな感覚。

皮膚の乾燥。




で、バイトも休み家で過ごしていた。

『薬無くても良いんじゃないか?』とすら思っていた。

減薬を始めて、私も薬の『必要性』を感じなくなっていた。




ところが、様々な症状が出る。

そして何より眠れないのがキツかった。

昨日になって、ふと気になりサイトで調べてみた。

『離脱症状』この文字が飛び込んできた。

人によって症状は様々あるらしく、私よりもっと深刻な方も沢山いた。

どうも私も確定ではないが、これの様だ。



どうしようか迷った。すぐにでも病院に行こうか?やめようか…?

この変な感覚と奇妙な体調をどうにかしたい。と思うけど、薬を飲む事に抵抗も出てきた。

長年、薬を飲んできた結果がこれだ。





無ければ無いで、どうにかなると思っていた。

薬漬けになる自分も嫌だった。

半ば薬に依存してた時期もあった。

それもやめたかった。




思考能力も低下しているのか、考えが上手くまとめられない。

とりあえずバイトを暫く休みにした。

体調は悪いが、今の内に次の仕事を探して今のバイトを辞めるつもりだ。

薬はどうしたものか迷っている。

このままやめたいのと、やめたらどうなるのか…。

一生薬と過ごしたくは無い。

いきなり薬が無くなるのもムリがあるのかな?とも考える。

でも、いい機会じゃないかな?とも考えてします。



薬の怖さを知ってしまって、飲まなくて良いなら飲みたくない。と本気で思った。

幸いな事に手持ちの薬はひとつもない。




でも、私はまだ治っていない。

減薬を始めてはいるけれど、症状も以前よりそこまで酷くはならなくなっているけれど、果たして良いのだろうか?




今日は昨日より眠れた。

段々と眠れる時間を取れる様になってはいる。

気分もそこまで悪くは無い。

けれど、病院へ行くべきかまだ迷う。

どうしよう…。