付き合うという事

昨日は台風が凄くて、私は『1日中家かなぁ…。』なんて思っていました。

Aさんは、サーファーで日曜日は海に行ってしまうので、逢えないと聴いていたから。



ところが、早朝に「今日は海行かないよ。」とLINE。

起きて私は「家に1日中居るのもつまらないかも…。」と送ったら「じゃぁ逢おうか?」と言う話になり、私はダッシュで支度。

待ち合わせ場所に急ぎました。

Aさんの方が遅れて来て「早いね~、ごめんね遅くなって。」と言ってくれました。

急遽『逢いたい。』と言った私のワガママを聴いてくれて謝られては私の方が申し訳なくなってしまうので、「急いで来てくれてありがとぅ。」と答えました。


その後Aさんと観光スポットへ行き、色々見ながら楽しくお喋りをして、ランチ。

ふたりで別々の物を頼み半分こして食べました。



Aさんは、とにかく優しくてはぐれそうになる私の手をギュッと掴んでくれて一緒に歩きました。

それから水族館へ行こうとなり、行く途中で大道芸を見たりしながら水族館へ。

何時間滞在してたのか、とにかくAさんの話は面白くて、私は笑いっぱなしでした。



水族館を出て、「お腹空いた?」と聴かれたので、「うん、空いたぁ。」と答えると私の最寄り駅の居酒屋さんへ連れて行ってくれました。

飲みながらご飯を食べ、そこでも楽しくお喋りをして、気付けば閉店時間。

「危ないから家まで送るから。」とAさんが言うので、「雨も酷くなったから明日の朝帰れば?」と提案したら、「そうだね、一緒に居ようか。」と言ってくれて再び泊まることになりました。



身体を寄せ合い、腕枕されて再び安堵感に包まれました。

ただ、眠剤を飲んでいなくて私はなかなか眠れず、堪らず明け方に飲み、少しウトウトした所でアラームが鳴りました。

でもAさんは、「風強いなぁ~、今日は休みだな。」と笑ながら言い、休めないのにお昼迄居てくれました。

嬉しかったけど、仕事が心配でした。



明日は私の誕生日。

Aさんは、私のプレゼントを既に探してくれてました。

「明日はパーティーだからね。」とも。

今年は独りぼっちじゃない誕生日になりそうです。

Aさんの気持ちだけで充分だし、こんなにも幸せを感じるとは思ってませんでした。



Aさんは、今日初めて「愛してる、これからもずっと一緒だからね。」と言ってくれました。

もはやKの事も想いも無くなりました。

Aさんとずっと一緒に居たい、そう思える様になりました。

これからはAさんと歩んでいきたい、それが私の願い。

そして、これが付き合うという事なんだなぁ…。と思いました。