病院の日

今日は昨日止めにした病院に行ってきました。

今、帰りの電車の中です。

経過は良好で、今年は減薬を目標に頑張っていこうと言う事になりました。


主任との事も昨日、仲良しの子に相談したら、「少しずつ本性みせてんだよ、甘えてるんだよ。」と言われました。

主任から誘ってきたのなら、気持ちは有るしウソでは無いだろう。何の問題も無いじゃない?と言われて何故かホッとしました。

仲良しの子曰く「月詠の考え過ぎ。」なんだそうです。


そんな事もあって、主治医に「彼とはどう?」と聴かれた時「昨日も時間作って逢ってくれましたし、順調なんじゃないかと思います。」と答えた。



増やしたエビリファイのお陰か感情の起伏の激しさは落ち着いていて、私も必要以上に主任に絡んでは居ない。

見捨てられ不安は相変わらずあるけど…。



減らす薬はデパケンを2錠から1錠へと、漢方薬を1種類にする事。

今は抑肝散の方が役に立っているので、そっちは止めたくないと思ってますが…。

このまま落ち着いていけばそうする予定です。



主治医は、私が夜の仕事をしているのに午前中に2時間弱掛けて通院して来るのを心配してくれて、このまま通院して大丈夫なのかを聴かれたが、私はそんな主治医だからこそ通院している。

酷い状態だった時も、死にかけた時もリスカを繰り返していた時も主治医に助けられた。

時には厳しい言葉も貰ったりした。

でも、ハッキリ「ダメなモノはダメ。」と言うスタンスを崩さない主治医の姿勢に感謝している。

数年前より各段に私の症状は良くなっている。

ボーダーの悪い部分がまだ顔を出す事もあるけれど、それでも数年前より遥かにマシになっている。

このまま落ち着いて欲しい。



私は自分で心理学を勉強している。

カウンセラーの資格も取った。

今、夜の仕事をしているのは更に資格を取る為に大学に通う費用を貯めているから。

そこで、自分についてかなりみつめる事が出来た。

これも症状が落ち着いているから出来ている事、主治医には感謝しかない。



そして、支えてくれている友達、主任。

私が何かしら精神疾患を抱えているのを知りながら、今こうしてくれている。

皆にも感謝の気持ちでいっぱいだ。



今日からまた仕事。

再来週の日曜日迄ぶっ通しでの仕事になります。

4日も休んでるとなかなか行きたくなくなりますが、ダラダラヒマなよりは忙しい方が良いと思いました。

今日からまた頑張りたいと思います。



実家に帰っている主任は無事に帰って来れたのかな…。

早く顔を見て安心したいです。