まただ…

先週土曜日、Aさんとお花見に行った。

私が前日から言い続けて、ようやくだった。

夜はお寿司を食べに連れて行ってくれた。



だが、食べてる間にAさんのスマホに着信が入った。

Aさんの娘からだった。

食べ終えて帰る時にAさんが「ちょっとTELしていい?」と言うので、別にダメだという理由もないので私は頷いた。

TELでのAさんは割りと素っ気なく「明日は仕事だから。」と、どうやらまたAさんの実家に泊まりに来てる娘に言っていた。




その後帰り道にAさんが少し娘の話を私に振ってきたが、私は全く興味無いのであからさまに上の空という態度だった。

Aさんもそれ以上は何も言ってこなくなったので、私は暫くすると娘の事を忘れていた。




昨日日曜日もAさんはお休み。

近場だけど、大きな商店街に行く予定だったが、Aさんが全く動こうとしない。

そもそも起き出したのも遅かった。

午後になり、Aさんがおもむろに立ち上がると「そろそろ行くかなぁ…。」と言い出した。

会社に車を取りに行くと聴いていたが、こんなに早く行くとは聴いていなかったので、「もう行くの?」と思わず言った。

Aさんは「うーん…、行くよ。」と言い続けて「夜さぁ、実家でご飯食べて来ていいかな?」と言ってきた。

私は思いもよらない言葉にフリーズして黙ってしまった。

次に思ったのは『何で?』だった。

娘が居るから実家でご飯を食べると決めていたようだ。

私は一気に不快な気分になり、黙り込んだ。

Aさんはそんな私を見て察したのか、申し訳なさそうに「何かあった?」と聴いてきた。

私は答える事が出来ず、顔も強ばり怒りと悲しみが混ざったような複雑な気分になりAさんと目を合わせられなくなった。

「別に…。」ようやく絞り出して答えた。

「10時には帰って来るから。」そう言ってAさんは支度を始めた。




私は何ともいえない気分で布団に潜り込んだ。

眠れるものなら眠ってしまいたかった。

支度を終えたAさんが私を呼んだ。

私は布団から出なかった。

「ねぇ月詠、今度さぁ○○にある✕✕って店に行かない?俺の仕事が落ち着いてからだから、4月になっちゃうけど。」と言ってきた。

恐らく私の様子がおかしくなったのを見て、Aさんなりに気を遣ったのだろう。

私は「うん…。」とだけ言った。




Aさんが出掛けて、私はまた独りになった。

何で休みなのに、どうして独りなの?

しかも夜の10時迄って…。

虚しくなった。

19時になり、私は少し悩んだが飲み始めた。

ヤケ酒だった。




時間はゆっくりと過ぎていき、やがて10時を回った。

Aさんは一向に帰って来る気配が無かった。

私は録画していた特集番組を大音量にして観始めた。

23時を過ぎた。

Aさんはまだ帰って来ない。

徐々に怒りが込み上げてきた。

「嘘つき、嘘つき、嘘つき…。」

気付けば独り言で呟いていた。

そこへAさんが帰って来た。

23時半を軽く過ぎていた。




薄暗い部屋で大音量のテレビがチカチカとしていて、明らか不機嫌な顔をした私。

Aさんは『マズい…。』と思ったのだろう、すかさず私に話し掛けてきた。

私は無視していた。

Aさんの方を見る事すらしなかった。

ただ目の前のテレビを見つめ無表情でいた。



諦めたAさんがお風呂に入った。

私は近くにあったティッシュを床へ叩き付けた。

箱がボロボロになった。

テーブルを蹴飛ばし、お酒をこぼした。

もうどうでも良かった。

ただ、Aさんの娘に対する怒りで一杯だった。

涙で視界が滲む。

何でこんな思いをしなきゃならないのか、頭では分かっていても、気持ちが全くついてこないこの状態をどうしたらいいのか…。





録画番組が終わった。

吐きそうになった。

私はグラスを片付けると、テレビを消して布団に入った。





Aさんが出てきた。

静まり返った部屋に戻ってきて、私が先に寝たのをみると自分のお酒を作りに行った。

次に私が気付いた時はAさんが寝る時だった。

私は構わず背中を向けて眠った。

何度か途中で目を覚ました。

毎回なのだが、Aさんは寝相が悪く私が寝ている方へ何故かきて、私を布団から追い出す。

今朝も例外ではなかった。

明け方、身体が痛くて起きると布団の端っこで落ちそうになりながら寝ていた。

Aさんの方を見ると真ん中で寝ている。

『またか…。』ため息をつき布団から出た。




ソファへ行き、毛布を被った。

暫くするとアラームが鳴り響いた。

Aさんの起きる時間だった。

私は無視して寝ようとしたが、Aさんが止めに来ない。

五月蝿いので止めて眠った。

Aさんを起こす事もしなかった。





Aさんが自力で起きたのは9時過ぎ。

今日も遅刻。

ソファで寝ている私を見ているのに、何にも言わなかった。

起こさなかったから不機嫌なのか、昨日の事があったから不機嫌なのか…。

いずれにしても、また嫌な雰囲気になってしまった。

今夜はAさんは送別会で帰りが遅い。

明日から出張。

どうなるのだろうか?




実家の話も娘の話もいい加減NGだと気付いても良さそうなのに。

そうしたのはAさんだ。

実家にも娘にも、私が居ない存在として扱うから、私も実家や娘は居ない存在だと思うようになった。

もはや不愉快な存在でしかない。






今夜、帰って来るのか。

もしかしたら、飲み会に便乗して帰って来ないかも知れない。

明日も仕事だが、もう知らない。

勝手にすればいい。

普通って何だろう?

『普通に生活したい。』

これは、Aさんとも以前に話していた。

『普通が一番難しいよね。』とも。

『普通』って人それぞれだから、『普通』の定義が良く分からない。

そもそも、私は『普通』の生活を出来ていたのか?




子供の頃から、母親に怯え、顔色を伺いながら生活してきた。

常に母親にとっての『良い子』で居なければならなかった。

つまりは、母親にとっての『都合の良い子』だ。

中学生位から反発心が芽生えた。

成績はみるみる下がり、私は学校でも『問題児』になった。

担任が嘆いた。

この頃、母親は入院していた。

反発心を抱きながらも、結局は母親の言いなりになるしかなく、矛盾した気持ちを抱えたまま過ごした。




高校生になると、今度は弟が問題を起こし始める。

反発する弟を母親から庇う役目になった。

母親は自分の理解出来ない事は全く受け付けようとしない。

常に自分が正しく、間違っているのは他者と決めつけた。

気が強く、威圧的で、タチの悪い事に、自分の都合が悪くなるとヒステリックになり、家中をめちゃくちゃに破壊した。




その光景は『地獄絵図』だった。

母親が暴れる数十分間、ただ泣いて謝るしか方法が無かった。





こんな家、一刻も早く出たかった。

これが『普通』だろうか?

私は逃げる様に家を出た。





母親とはほぼ音信不通だ。

私が家を出てから、宗教に縋り付いたと聴いた。

『私のせいなのかよ…。』

納得がいかなかった。

小学校高学年辺りから、ネグレクトが始まり、母親は父親では無い男と毎晩飲み歩いていた。

1ヶ月に1回戻って来るかどうか…。

私は毎日不安だった。

これが『普通』なのか?






母親と仲の良い友達が羨ましかった。

家族団欒ってどうやるんだろうか?

皆、どんな話をして、どうやって一緒に過ごして居るのだろう?

今でも分からないまま。

私には『普通』が分からない。

でも、私の『普通』は、もしかしたら他の人からしたら『普通』では無いのかも知れない。





母親の事は、小さい時は確かに追い求めていた。

それが母親にとっての『良い子』でしかなくても。

でも、時が経ち、それは憎しみへと変わった。

もはや、私を産んだ事すら恨んだ。

育てられないなら、何故産んだんだ?

私はお前の奴隷でも、人形でも無い!





今、私はAさんと暮らしている。

傍から見たら『普通の夫婦』に見えるだろう。

でも、フタを開けたら…。









『普通』って難しい。

薬の怖さを知る

諸々の薬が無くなって1週間程が過ぎる。

最初は『風邪かなぁ…?』程度にしか考えてなかった。

怠くて動きたくない。

ボーッとする。

吐き気がする。

お腹は空くが食べれない。

食べた後は決まってお腹をこわす。

頭痛が絶えない。

物との距離感が掴めない。

常に乗り物酔いみたいな感覚。

皮膚の乾燥。




で、バイトも休み家で過ごしていた。

『薬無くても良いんじゃないか?』とすら思っていた。

減薬を始めて、私も薬の『必要性』を感じなくなっていた。




ところが、様々な症状が出る。

そして何より眠れないのがキツかった。

昨日になって、ふと気になりサイトで調べてみた。

『離脱症状』この文字が飛び込んできた。

人によって症状は様々あるらしく、私よりもっと深刻な方も沢山いた。

どうも私も確定ではないが、これの様だ。



どうしようか迷った。すぐにでも病院に行こうか?やめようか…?

この変な感覚と奇妙な体調をどうにかしたい。と思うけど、薬を飲む事に抵抗も出てきた。

長年、薬を飲んできた結果がこれだ。





無ければ無いで、どうにかなると思っていた。

薬漬けになる自分も嫌だった。

半ば薬に依存してた時期もあった。

それもやめたかった。




思考能力も低下しているのか、考えが上手くまとめられない。

とりあえずバイトを暫く休みにした。

体調は悪いが、今の内に次の仕事を探して今のバイトを辞めるつもりだ。

薬はどうしたものか迷っている。

このままやめたいのと、やめたらどうなるのか…。

一生薬と過ごしたくは無い。

いきなり薬が無くなるのもムリがあるのかな?とも考える。

でも、いい機会じゃないかな?とも考えてします。



薬の怖さを知ってしまって、飲まなくて良いなら飲みたくない。と本気で思った。

幸いな事に手持ちの薬はひとつもない。




でも、私はまだ治っていない。

減薬を始めてはいるけれど、症状も以前よりそこまで酷くはならなくなっているけれど、果たして良いのだろうか?




今日は昨日より眠れた。

段々と眠れる時間を取れる様になってはいる。

気分もそこまで悪くは無い。

けれど、病院へ行くべきかまだ迷う。

どうしよう…。